1. マクサルト通販で片頭痛との上手なおつき合い   >  
  2. マクサルト通販で薬代ダウン

マクサルト通販で薬代ダウン

節約しよう

片頭痛の症状抑制に用いられるトリプタン系薬剤。
トリプタンは市販薬には含まれることがない成分なので、病院での診断と処方箋が必要です。

急性期治療に用いられるリザトリプタンもそのひとつ。
マクサルトという商品名で取り扱われていて早く効くと評判の薬ですが、処方薬として病院で出してもらわなければなりません。

片頭痛は定期的に繰り返し、長くつきあっていくことが多い症状です。
一度診断を受けて片頭痛と分かっていても、薬のために病院通いを続けているという人は多いでしょう。

そこで活用したいのが、片頭痛薬のネット通販です。
海外メーカーから直接輸入する通販=個人輸入なら、処方箋がなくても薬を購入可能。

処方薬として扱われている薬を通院せずに購入できるのは、自分に必要な薬が分かっている人にとっては非常に便利なツールです。

片頭痛薬は通販で買える

頭痛薬を通販することは、海外製の医薬品を個人輸入するということ。
(詳しくは、トップ「片頭痛にマクサルト通販」をご覧ください)

個人輸入の専門サイトには、マクサルトやリザクトといったさまざまな片頭痛薬がラインナップしています。
日本では未承認のジェネリック医薬品もバリエーション豊富で、これまでに使ったことがある頭痛薬や使ったことはないけど興味をもっていた薬などを試すチャンス。

「マクサルト 通販」や「片頭痛薬 通販」で検索してみて、海外医薬品を取り扱っている通販サイトを探してみましょう。

ひとつ気をつけておきたいのが、通販といっても楽天やAmazonでは購入できないということ。
国内では処方薬のネット販売は認可されていないので、マクサルトも取扱不可。
楽天で購入できる頭痛薬は、一般用医薬品に分類されるロキソニンやイブなどです。

片頭痛薬をネットで探す=通販購入するなら、個人輸入代行サイトでなければいけません。

通販=個人輸入を活用するメリットとは

海外医薬品の通販を利用すれば、通院では処方してもらえないジェネリックの選択肢が生まれます。

ジェネリックとは、新薬の成分をそのままに再開発された後発薬のこと。
薬の開発・研究に必要な費用がかかっていないので、販売価格も新薬の2〜5割ほど。
利用者の医療費負担の軽減に大きく役立っています。

たとえば、処方薬の価格は自己負担3割の保険適用で10mgの10錠で2800円ほど。
これは薬のみの代金なので、ほかにも診察料や調剤料金などがかかります。

比べて通販サイトでのマクサルト・ジェネリックの価格は、10mg12錠で2500円前後。
リーズナブルな上に、注文すれば自宅に届くのを待つだけなので通院の手間もありません。

また仕事や家事のスケジュールに関係なく薬をストックしておけるので、いつ痛みが起こっても大丈夫という安心感が得られるでしょう。

片頭痛とのつき合いでのしかかる物理的・経済的な負担を減らすことで、ストレスや不安をなくしていけるのが通販利用のメリットなのです。