1. マクサルト通販で片頭痛との上手なおつき合い   >  
  2. 片頭痛薬とマクサルト

片頭痛薬とマクサルト

頭の一部が痛む

緊張型頭痛や風邪による頭痛といった市販薬で抑えられる頭痛と違って、片頭痛にはセロトニンに作用して血管の収縮を促がすトリプタン系の薬が必要です。

片頭痛は、脳血管の拡張によって三叉神経が刺激を受け、痛みの原因物質である「神経ペプチド」を放出。血管周辺にも炎症が起こり、さらに痛みを引き起こします。
トリプタン系薬剤は、痛みのもとである拡張した血管と三叉神経の両方に作用。
拡がった血管を収縮させて、三叉神経から神経ペプチドが放出られるのを抑制します。さらに、三叉神経が受けた刺激が大脳に伝わることを阻害して吐き気や光過敏などの症状も抑える働きも。

片頭痛のメカニズムに特化した薬でなければ痛みを緩和させることはできず、痛みが治まるまでの数時間、長ければ数日のあいだ我慢し続けなければならいのです。

片頭痛薬であるトリプタン系薬剤には作用時間によって種類があり、

・スマトリプタン/短時間型(商品名:イミグラン)
・リザトリプタン/短時間型(商品名:マクサルト)
・ゾルミトリプタン/中時間型(商品名:ゾーミック)
・エレトリプタン/中時間型(商品名:レルパックス)
・ナラトリプタン/長時間型(商品名:アマージ)

これらは錠剤をはじめ、水なしで飲めるトローチタイプのものや点鼻薬、注射薬などがあります。
中でも、即効性に優れているのがマクサルト。
痛みを感じ始めてすぐに服用すれば、15分ほどで痛みが引き始めて数時間で痛みが消えるので人気が高い頭痛薬です。

病院を受診した際に、なるべく効き目の早い薬が欲しいと依頼すればマクサルトを処方されるでしょう。
通販サイトではマクサルトのジェネリック「リザクト」が取り扱われているので、よりリーズナブルな価格で購入できます。