1. マクサルト通販で片頭痛との上手なおつき合い   >  
  2. 普通の頭痛と違う?片頭痛

普通の頭痛と違う?片頭痛

頭痛に悩まされる

片頭痛は風邪や肩こりが原因で起こる頭痛とは違って、市販されている鎮痛薬では痛みを抑えることができません。

片頭痛ならではの痛みのメカニズムについて知り、有効な薬を使うことが痛みから解放される近道なのです。

片頭痛が起こる仕組みと症状

片頭痛は、セロトニンの過剰な放出による血管収縮と急激な拡張によって引き起こされます。

セロトニンが増える原因として考えられるのは、ストレスや疲労、ホルモンバランスの乱れなど。血管が拡がると三叉神経が圧迫されて刺激となるうえ、血管周辺での炎症を起こすために痛みが発生します。

血流に合わせたようなリズミカルな痛みが特徴で、目の裏側やこめかみ付近がズキンズキンと痛みます。片頭痛では少しの光でもまぶしく感じたり、普段は気にならないような匂いを不快に感じることも。

吐き気をもよおすだけでなく実際に嘔吐してしまったり、あまりの苦痛に寝込んでしまって仕事や家事がままならない日もあるでしょう。

しかし片頭痛にははっきりとした治療方法がないため、発症したら悪化するまえに少しでも早く痛みを取り除かなくてはいけません。

片頭痛にはトリプタン系の薬が有効

片頭痛の鎮痛には、トリプタン系の薬剤が有効。
セロトニン受容体作動薬のひとつで、
痛みに作用するため、片頭痛が起こってほしくないからと予防的に服用しても効果は得られません。

痛みが起こったらすぐに薬を服用することがカギで、服用タイミングが遅れるとあまり効かなかったり痛みの範囲が広がってしまうことも。

前兆症状として、視界にギザギザと光った模様が見える閃輝暗転(せんきあんてん)が起こることがあります。
この前兆を感じて少し経ってから頭痛薬を服用するのが効果的。

またトリプタン系薬剤は処方薬なので、まずは医療機関を受診して片頭痛であるという診断を得る必要があります。
そしてはじめて、トリプタン系の頭痛薬(マクサルトやイミグラン、ゾーミックなど)が処方されます。

トリプタンの副作用

トリプタン系の頭痛薬では、ほかの解熱鎮痛剤とは違った副作用があります。

過敏症蕁麻疹、発疹など
呼吸器呼吸困難
循環器動悸、血圧上昇、脈拍の上昇または低下、低血圧
消化器悪心、嘔吐、虚血性大腸炎
一時的な視力低下、暗点、ちらつき など
精神・神経系眠気、めまい など
肝臓肝機能障害

片頭痛は血管の拡張によって起こる→血管収縮作用がある薬が効果的。
ですので、血行促進作用がある医薬品との併用には注意が必要です。(ED治療薬、ミノキシジルなど)

また脳血管障害や虚血性心疾患などの既往歴がある場合は、トリプタン系薬剤を服用する前にはかならず医師に相談してください。